バネ指の治療

(1)ばね指の治療の基本
 @モーニングアタックの回避を心がける。
   モーニングアタックとは、「朝の一撃」と訳すと分かり易いです。
   最近は花粉症で注目されています。花粉症では、朝、起床する時のクシャミ発作です。
   寝ていた時の布団付近の暖かさと、立ち上がった時の部屋の冷気との温度差により、
   鼻の粘膜が刺激を受け、クシャミが誘発され、
その日の症状に影響していく
   そのため、クシャミをかみ殺したり、部屋の温度差を無くしたり、
   ゆっくり立ち上がったりして、クシャミが出ない、または軽く治まるように、
   自分の鼻粘膜をいたわりなさい、ということです。


 Aばね指でのモーニングアタックとは
   起床時、ばね指になっている指を、無理に伸ばさないことが最も重要です。
   ばね指では、
強く指を握ることで、コブ(結節)が靱帯から飛び出てしまいます。
   その指を、無理に伸ばすと、飛び出たコブが靱帯と腱鞘を押し広げながら入り込むため、
   摩擦性の強い炎症が生じ、激痛となります。
   
寝ている間にばね指になっていることが多いです。
   (日中は意識することで、強く握らず、ばね指にさせないことに、心がけることができます。)
   起床時のバネ指を、
あわてて無理に伸ばすと、炎症(コブと靱帯に生じる傷)が大きくなります。
   この、
痛い「朝の一撃」をモーニングアタックと名付けました。
   自然に、指が伸びるのを待つか、優しくいたわりながら伸ばすことが肝要です。


(2)治療方法
 @モーニングアタックの防止
   簡単です。
   
寝る前に、指が曲がらないように、外側(指の甲側)に、テープを貼れば完了です。
   ばね指の状態では、痛くなくても、潜在的に、炎症が有ると考えます。
   患部に
冷湿布を貼って、寝ることもお勧めします。


 A日中はバネ指にさせない
  日中は、コブを靱帯(輪状靱帯)から、外に出さないことが肝要です
   ばね指になるまで、強く握らないことです。
   コブが輪状靱帯の中で移動しているだけでも、日常、ほとんどの事が出来ます。


 B患部を押したり揉んだりしない。
  まさに、素人療法は怪我の元です。
   自分で傷(炎症)を強く、大きくしています
コブを自分で育てているのです。
 C患部を温めすぎない
  これも、素人療法は怪我の元です。
   むやみに温湿布をしたり、お風呂で揉んだりするのは、
   やはり、自分でコブを育てているのと同じことです。


 D関係した筋肉の疲労をとる
   これは、すべての治療の基本です。
   東洋医学(特に針灸、指圧)では基本中の基本です


   筋肉の疲労の蓄積(筋肉と腱は親子関係、筋肉が親)
       ↓
   筋肉での働きの低下(伸び縮みする柔軟性の低下=こり、筋肉の拘縮)
       ↓
   腱自体の疲労に、筋肉の拘縮が加算+外傷(強い、繰り返された)+加齢性変化
       ↓
    発症、そして進行し増悪


  筋肉の疲労をとることは、発症を防ぎ、進行を止め、治していくことの基本です


 
E以上の処置をしながら、コブ(結節)を大きくせずに、縮む(萎縮)のを待つ。
   
縮む(萎縮)させることは、生まれ持っている、
   免疫などの修復組織がやってくれます。
       ↓
   彼らが一生懸命に働いてくれているのですから、
   せめて、邪魔をしてはいけません。


 Fすでに、萎縮が不可能なほど、コブが大きく硬化し、生活で不便を感じる時は、手術が検討されます。